鉄鋼生産能力は今年の半分を超えて完成

国家発展改革委員会の公式ウェブサイトのニュースによると、2017年には、鉄鋼と石炭

引き続き実施し、肯定的な結果を達成しました。 今まで、3170万トンの鉄鋼生産能力から国は、63.4%の年間タスクを完了している; 合計68790000トンの石炭生産能力は、年間タスクの46%を完了しています。 鉄鋼と石炭の生産能力、経済構造の最適化、古い運動エネルギーと新しい運動エネルギーの変化への継続的な進歩により、肯定的な結果は次第に浮上し、パフォーマンスを際立たせている。 今年の第1四半期、鉄鋼業協会の会員会社の利益は、昨年の損失から850000000元の利益232.8億元、 第二は、社会保障給付減額賃金です。 3月末現在、山西省、2016年末より賃金の累積遅延は58.4%減少した。 10.8%減少した2016年末より社会保険料が累積された。 第三は、産業構造の最適化とアップグレードです。 主要な役割の産業のアップグレードで高品質の生産能力は、さらに再生するために、 第四に、市場競争秩序が大幅に改善した。 後方の排除を通じて、違法な建設プロジェクトが3つの特別事業の清掃と共同施行を行い、さらに最も厳しい市場環境の生存を創出する。

開発と改革委員会は、鉄鋼業界は積極的に回復の効率を促進し、効率性を向上させるだけでなく、ビジネスと社会的信頼を向上させるために仕事を促進するために働くことが、社会全体を供給側を促進する構造改革コンセンサス。

QR$6D%AA`@GP6A~_N4Q$}A0.png